sakurasakukanaの迷走

現在求職中~ というか、けっこうな頻度で求職中~
なるべく温情のある会社にご縁があったらな、と・・・

B社

前回、失業給付を貰いながら決まった直接雇用のA社であったが、出勤日直前に「派遣に行ってくれ」と話を変えてきて、結局、プロジェクト期間のみプチ炎上案件に投入された訳だが、満了とともに再給付を受けることになった。


給付を貰いきってから、やっとB社に決まった。
開発ブランクが長くなってしまったので、「ブランクがあってもOK」ってところに行った。すっかり組み方を忘れていたが給料も安いので会社側もデメリットばかりではないだろう。こちらもなるたけ進捗良くしようと頑張ったし、無理なものはリスケしてもらいつつ、なんとか納品。慣れてきたころに終わる、残念。


その後、常駐案件(と、恰好良く言ってみたが、実際は二重派遣)を紹介してもらって細切れ更新を重ね~契約終了となり今に至る。


B社は会社規模といい、社長の年齢といい、理想的だったのだけど派遣で出てしまえば自社との関係は希薄この上ない。月末に勤務表をメール添付するだけの間柄となった。


業務内容も報告しなくて良く、説明しようとすると「聞いたって分かんないからいいよ」と断られたぐらいなので、もちろん何の評価もされていなかった。


実はその間、わたしは着々とスキルダウンしていた。
私の開発スキルがだだ下がろうと、次の派遣先が決まらなければ、別に会社は契約しなければいいだけなので関係ない。私が泣くだけだ。


そして、今泣いている。


こんななまくらな腕ではリハビリに相当時間がかかるだろう。
もしかしたらIT卒業かもしれないなぁ。


ブランク

ネットの記事で読んだけど面接で無職期間が長いと「何をしていたのか?」と聞かれることもあるらしい。いや~何をしていたのかって、仕事を探していたのじゃない?とも思うのだけど、ここは次の就職先に関する勉強などをしてます、と答えた方が良いのかな?


実際は保険の切り替えしたり、失業等給付の申請~説明会参加~求人探したり、働いている時は延ばし延ばしになっていた家のことをしたり、本を読んだり、実家に顔出したりしてると1カ月経ったのだけど。


しつこく何度か書いたけど、近年では面接に行けても殆ど末端の営業さんに派遣登録並みの対応しかされなかったからね!「志望動機」なんて答えた記憶もないし、長所や特技なんかも一切聞かれなかった。


普通は一次で人事、二次で役員~なんて進んでゆくんでしょうけど、営業さん【だけ】が出てきて、「じゃ案件探して連絡します~」ばっかり。いや、アナタの会社は常用雇用者しか派遣できないはずの特定派遣の届け出しかしていませんよね?!


面接場所もビルの休憩スペースとか、酷い時は派遣先近くのコーヒーショップに呼び出されたりとえらい扱いだったし。露骨過ぎ~


んで、ブランクについては「なんでブランクあるんですか?」とは聞かれたけど、「その期間はどう有意義に過ごされたのですか?」なんては聞かれなかったです。


先月までいた会社なんて、こんな感じ↓


営業:「スキルシートにブランクあると派遣先から色々と勘繰られて
    決まりにくいから訂正してください!」
私 :「え~?でも、そのスキルシートが事実ですし、案件単位の就業だから
    タイミングなんかでブランクはあります」
営業:「それは分かるけど、その期間どうして空いてるんだとか鬱だったのかとか
    いちいちつっこまれて面倒だし、結果的にその業務が出来ればいいんだよ」
私 :「・・・・・」



会社側が都合良くプロジェクト単位の細切れ契約にしてくるのに、次の就業まで1~2カ月空いたスタッフは出来なくてすぐ切られたり辞めたりする不良スタッフなんじゃないか?って疑われて不利になるらしい。


でもさ~ 4カ月かかるプロジェクトなのに4カ月契約を取ってこれないで、派遣先の言いなりな1カ月更新で承諾するのは営業さんでしょ~~~と言いたい。



日曜の夜

私は非正規でシステム開発の現場をあちこち渡り歩いていたのですが、現場により日曜の夜がめちゃ憂鬱な時と全然平気な時がありました。


正直、プログラムを少しでも早く進めたくて「出勤が待ち遠しい!」なんて今では考えられない気持ちであったこともあります。あの時は自分でスケジュールを管理していたので、進捗のパーセンテージが上がるのが楽しかったのもあるし、自社内開発だったので何も気がねもいらなかったし。派遣先って本当に色々と気を遣うんです。


派遣の現場でも最初のうちは仕事のことしか考えていないから、まわりの環境なんかは少々「ん?」と思うことがあっても1カ月ぐらいはがむしゃらに頑張る。だけど、慣れてくると色々と「何それ?」と思うことが増えてくる。大人なので表面上は何事ないように振舞ってますが、プロジェクト毎にいろんな問題は起こるもので~


基本的に使い捨てと思ってるんだろうなぁ~という言動が耳につくようになります。
一緒に同じプロジェクトを進めているのに、そんな考えしかないのを知ると悲しいし、プロジェクトが終わるとお払い箱となるのも、嫌な現場だとしても毎度へこむ。


すごく丁寧に作業しているのに「仕事が遅い」と更新間際で切られて毎日、定時後に面談に行ってる派遣スタッフや、PMの手腕が無く赤字出してる人が偉そうに年上の協力会社のベテランを顎で使ってて呼び捨てにしていたり・・・会社間の契約で技術支援で来てるだけなのに、派遣先の担当者は「派遣=自分の小間使い」と勘違いしている人がけっこういた。


そんな環境にいると派遣がますます嫌になってくる。
私も更新を気にして、とにかく腹が立っても大抵のことは流すことにして合わせてたけど、さすがに理不尽過ぎることがあったので初めて抗議したら契約残して切られちゃった。改善の余地なんてなし、合わせてくれる人じゃないと面倒ってことですね。


でもね~ あんまり我慢していたから知らずに別のところへ八つ当たりしてたんです。マイナスな気持ちが連鎖して身近な人に自分の評判まで落としめてました。そんなになるぐらいなら、その現場は辞めろと言われたけど、辞める前に切られました。


無職となって1カ月経とうとしていてますが、今更「明日、出勤無いんだ」と思うと不思議です。仕事探しではまた「ブランクありますね」とつっこまれることになるのだけど。


呆けてましたが、そろそろ勉強しないと駄目ですね。